上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大劇場千秋楽からもう二日も経っているんですね。
未だにそこから足を踏み出せていない気がする。。。
もう一回観たいな、サヨナラショー(ノД`)・゚・。ムリムリ

ということでもう少し彩乃かなみさんのサヨナラショーを観て感じたことなどを語らせて頂きたいなと。
(独り言のような内容です)(ホンマに私はアホな奴なんです)
(サヨナラショーの内容には全くと言っていい程触れていません)
(そのあたりをご理解いただける方のみMOREへ(・∀・)つドゾー)







私が宝塚のビデオを友人から借りて見はじめたのは一昨年の夏頃。
自分がヅカファンだと自分で認めたのは(笑)去年の6月からというめっちゃ初心者ファンです。
こんな奴があまり色々語れる訳はないのですが。

彩乃かなみさんのサヨナラショーを観て感じたこと。
それは私の知らない時にも彩乃かなみという舞台人は確実に生き、そして努力を重ね成長し今に至るのだということです。
「何を当たり前のことを言ってるんだ」
と思われるでしょうが、私にとってはプチ衝撃だったんですよ(苦笑)

瀬奈じゅんさん彩乃かなみさんがトップコンビになってからの作品はDVD、CS放送でほぼ見ています。
「トム・ジョーンズの華麗なる冒険」「ロミオとジュリエット'99」「マノン」「THE LAST PARTY」(宙)なども、ビデオやCSで観ました。
「MAHOROBA/マジシャンの憂鬱」からは生で舞台を観る機会にも恵まれました。
でもそれだけだったんです。

確かに作品は見ましたよ。
でもそれでアサカナコンビを理解しているということではないのです(当たり前)
瀬奈じゅんさんのことは瀬奈じゅんさんにしか、彩乃かなみさんのことは彩乃かなみさんにしか、二人の関係や絆は二人にしか解らないのは当たり前。
それなのに知ってるつもり、解ってるつもりになっている自分に気付き、なんて浅はかな考えだったのかと。

上手く言えませんがそう思いました。
自分でもサヨナラショーを観るまでそういうことを思っているなんて事気づきもしなかったんですけどね。

そしてどうしてもっと早く宝塚に興味を持たなかったのかとも思いました。
でもこれは仕方のないことでして・・・
そんなことを思うよりも今宝塚に興味を持つことが出来、生でその舞台を観劇する機会に恵まれたこと。
そして何より、月組にアサカナコンビに出会えたことに感謝したい。

何を書きたいのかすら解らなくなってきた_| ̄|○
すんません・・・
まとまってないけどこの辺で。

2008.05.07 Wed l 宝塚(月組) l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

なんとなく・・
判る気がします。
舞台を観に行って、舞台で行われている事以外にも伝わって来るものがたくさんあったんですね。
今はスカステから、普段の人となりも垣間見れるので 判った気になってしまいますし。
私も、舞台や画面でよく見て身近に感じた彼女らを 実際に目の前にした時
かえって距離を感じて 寂しくなった事があります。

ともあれ、東京にもいらっしゃると言う事なので あさかなコンビを最後まで堪能しましょうね。
2008.05.07 Wed l tyoko. URL l 編集
tyokoさんへ
上手く言えないのが歯がゆい感じなんですが。

>実際に目の前にした時かえって距離を感じて寂しくなった
>事があります。
そうなんです。
解ってなかったと言うよりは忘れていたんですよ。
この人達が実は凄く遠い存在の人達なんだということが。
こんな当たり前のことを。
バカですね~私は。

一番最初に宝塚の舞台を生で観た時
「この人達は私じゃ想像も出来ないくらいの努力をして
生きてきた人達なんだな。すごい人達の集まりなんだ。」
と感じました。
しかし宝塚の舞台を生で観る機会が増えれば増える程、
そんなことを忘れてしまったような気がします。
忘れてしまったというより考えないようにしていたという
方が正しいかもしれない。

夢の世界に引き込まれてしまったと言うんでしょうかね。
現実を忘れさせてくれたというか。
何だかまた意味不明になってきましたね。

そうですね。
東京公演観るのが今から楽しみです。
2008.05.08 Thu l babiちゃん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takarazukajunsena.blog26.fc2.com/tb.php/121-ea4b380b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。