上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ご無沙汰しております。
えーっと・・・一週間ぶり?

えへ・・・

とりあえずギャツビー断念いたしました・・・_| ̄|○

何故って。
うーん。
ぶっちゃけテンションが上がらないっていうか・・・
ミーマイ大劇場千秋楽が終わってから薄々自分でも気づいてはいたんですけど。

(以下、かなりつまらん話です)(ホンマに私事な内容でございます)
(相当暗いし、こういう話はここに書くべきではないかもしれないという内容です)
(不快に思われる方も大勢いると思います)
(暗い話はいらないよって方はスルーでお願いします)







私が宝塚にここまでのめり込んだ理由。

それは親の死を乗り越えるためという気持ちが大きかった気がする。
私には乗り越えられないかもしれないと思った父親の死。

何もする気が起きなかった。
朝起きて、仕事に行って、仕事から帰って、晩ご飯食べて、お風呂入って、テレビ見て。
表向きは普通の生活が出来ているのに。
夜になるとダメでした。
ベッドに入るとダメでした。
どうしても涙が止まらない。
何故・・・どうして・・・
後悔ばかりが浮かんできて、そこから前へ進めない。
でも何かをしなければいけない、前へ進まなければという焦燥感だけは日々大きくなっていく。

私の父親は病死です。
入院しているときに病院の先生から
「あと一週間くらいです。」
と言われました。
看護婦さんからは
「病気で家族を亡くす人は事故などで突然家族を亡くす人よりも幸せ。
心の準備もしてあげたいことも出来るから。」
と言われました。

でも私は父の命の期限が切られていることに耐えられなかった。
父のお見舞いに行った帰り、私はそれを言葉にしてしまった。
「もうしんどい。早く終わってほしい。」
と私は泣きながら母に言った。
その翌日父は帰らぬ人になった。
病気が発覚してから5年目の秋。

決して早くいなくなってほしかったわけではない。
一日でも長く生きてほしかった。
でももう私は押しつぶされそうだった。
いや。
もう押しつぶされていた。

言ってしまった一言。
この一言を口にしてしまったことへの後悔。
別にこの一言を言わなければ翌日父が死ななかったのかと言われればそうではないと思う。
でも・・・


前に進まなければという気持ちで、小さい頃からの夢「自分の家」を購入。
独身女が家を買うなんて何て酔狂なとお思いになる方もいらっしゃると思います。
でもこのことにより少し気持ちが楽になったんです。
こんな言い方は変かもしれないけど、ずっしり重かった心が少し軽くなった。

夢が叶ったので、もう我慢せずに遊びたいという気持ちがあったんですね。
そしてその遊びに熱中したい。
そうすれば・・・
ちょうどその時に身近にあったのが宝塚だったわけです。

ぽっかり空いた心の隙間を埋めてくれたのが宝塚。
もしかしたら私が無理矢理心の隙間を埋めるために宝塚を好きになったのかもしれない。

まさに夢の世界だった。
美しい世界。
つらいことや悲しいことを忘れさせてくれる。
だから今日もあの夢の世界へ行こう。



そんな宝塚に対する気持ちが変化してきたのは、ミーマイ大劇場千秋楽を終えて少しした頃からです。
一気に熱からさめていくような感じ。
でも宝塚を嫌いになった訳じゃない。

そんな自分の気持ちにどうすればいいのかわからず、気づかないふりをしながら今日まで来たけど。
やっぱり目を背けられない。
というか認めてしまうことにした。

これは父親の死を乗り越えたというのとは違うのかもしれない。
でもそこまでのめり込まなくても現実を生きることが出来るようになった証拠ではあるのかもしれない。

結論。
ほどほどに付き合っていく(・∀・)ノ
だって大好きだから、宝塚。

ただこれを言うために無駄に長い文章になったけど。

ギャツビーは断念したけど、まさちゃんのコンサートは行くし月組大劇場公演も行くよ。
その前に雪組さんだって行くしね。

じゃぁ、まとまってないけどこの辺で。
(書き逃げ・・・)


2008.07.28 Mon l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんわ
ブログお久しぶりですね。

babiちゃんの、お気持ちの深いところはわからないでしょうけど
そこが宝塚の目指す所ではないでしょうか?
宝塚のチケットを手にする、観劇に行く。
これって けっこうエネルギーがいると思います。
でも、行きたい!行かずにはいられない そんな人をいつも待っていてくれる。
私も、熱が続く限り その世界を楽しもうと思っています。
だって、外の世界でこんなに違う世界へ誘ってくれる所は ないでしょう。
2008.07.29 Tue l tyoko. URL l 編集
tyokoさんへ
確かにその通り。
本当に身近にこのような世界があって幸せだったと
思います。
他の舞台を観たらなおさら思います。
宝塚っていいなぁ~と。

ミーマイが異常だっただけに冷めたと思っているだけ
かもしれません(汗)
2008.07.30 Wed l babiちゃん. URL l 編集
お久しぶりです
私も、宝塚にのめりこむ理由の一つに、
つらい現実を忘れるため、というのがあります。

もちろん、宝塚を観たからといって、自分の抱えている問題が
解決するわけではないのですが(苦笑)
別世界に連れて行ってもらえることで、疲れたココロを
少し休ませてあげられるというか。
たとえ束の間でも、宝塚を観ている間だけは、つらいことも
忘れていられる(気がする)んですよね。

スマイル0円・・・では、ないのですが(笑)
観に行った人に、絶対に微笑んでくれるのが宝塚なので。
舞台からの微笑みに、すごく癒されている気がします。

なので。

頻繁に足を運ぶ人にも、「ほどほどに付き合っていく」
babiちゃんさんにも、これからも宝塚は変わらずに
微笑んでくれると思います^^

これからも、babiちゃんさんのペースで宝塚と付き合って、
楽しい記事を書いていってくださいw
2008.08.02 Sat l つき。. URL l 編集
つき。さんへ
皆さん本当に優しいですね・・・(ノД`)・゚・。
本当に心からブログやってて良かったなぁと思います。
ありがとうございます。

今になって、何でこんなに暗い記事を書いたのかと・・・
疲れてたんでしょうか?
でも、この記事を書いて少し気持ちが楽になったのも事実で。

まただんだんと宝塚熱戻りつつあるのです。
まだ一週間くらいしか経ってないのに(笑)

宝塚とは本当に素晴らしいなと改めて思いました。
こんなに癒される場所は他にないですもん、私。
(それも問題ありかも)
そういうものに出会えた奇跡に感謝し、これからも宝塚を
見続けていきたいなぁと思います。

ありがとうございました(・∀・)ノ
2008.08.05 Tue l babiちゃん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takarazukajunsena.blog26.fc2.com/tb.php/178-1d8360cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。