上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ども(・∀・)ノ

午前中会社行って昼から半日有休。
家帰ってお昼ご飯食べて、遠野あすかさんの退団会見とごきげんようを見て、スタバでコーヒー買ってからから大劇場へ。
来年のスケジュール帳をキャトルで購入しました。
15時公演だったらもうちょっと時間あると思ってたのに、意外とバタバタだったなぁ。

今日は2階2列下手側のお席でした。
そういえば今日はロビーに学生さんがいっぱいいました。
修学旅行なんでしょうかね。

とりあえず大まかな感想を書こうかなと・・・
(大まかにと言いながらネタバレ満載です)
(私個人が感じた感想です)
(かなり記憶が怪しいので間違っててもスルーしてくださいね)







まずはお芝居「夢の浮橋」。

えっと。
これは匂宮と薫の恋物語ですよね?
(違います)

だって匂宮が「行くぞ」的なことを言うと薫は「どこまでもお供いたします」って。
(だから違います)


全体的にはうまく作ったなという感じ。
前半明るいタッチで描いているからこそ、終わり方との対比が効いてくるのではないかと。

自分の意志ではなく、人生がまるっきり違う物になってしまう。
恋愛物というよりは・・・
匂宮のこうならざるを得なかった人生模様というか・・・
何と言えばいいんでしょうか。
難しいなぁ。

瀬奈じゅんさんは匂宮という役は時にはユーモラスに、時には苦悩に満ちた表情でうまく演じていました。
やはり美しいですなぁ~
そらあんだけの女人たちが落ちるはずですわ。
芝居でセリフを二度ほどかみましたが、それは初日のご愛敬って事で。

霧矢大夢さんは薫ですが、真面目で不器用だということはよく伝わってきましたよ。
ただ言わせてもらえれば暗すぎませんかね。

城咲あいさんは小宰相の君。
この役合ってたんじゃないですかね。
凄く良かったと思います。
ただ出番少なかったなぁ・・・
芝居半分くらいで出番終わってました。

羽桜しずくさんは浮舟。
えっと・・・
も、もう少し頑張ってみようか(;´▽`A``
きっと初日だから緊張してたんでしょう。

他の出演者の方も好演してましたよ。


続いてファナティック・ショー「Apasionado!!」。

いい!!
いいよ、これ。
私は好きですね。

まぁ途中「Red Hot Sea」か?みたいな場面もありましたが・・・

最初に城咲あいさん率いる娘役さんが数人で白いお衣装で美しく踊る。
専科のお三方が登場して瀬奈じゅんさん演じるグラドスが出てくるんですが・・・

ここはNHKホールか?(宝塚大劇場です)
今日は大晦日か?(11月7日です)
小林○子か?(瀬奈じゅんさんです)

って感じです。
きっと何のこっちゃわからないと思いますが、観れば納得していただけるのではないかと。
私はここで笑いをこらえるために唇かみました・・・
皆さん笑わないであげてね。

そっから布が引いてからは最高です。
こういうのを待ってました!ですよ。
まさにスパニッシュって感じ。
瀬奈じゅんさんは一度引っ込むけど衣装をチェンジしてまた登場。
この黒いお衣装好きだなぁ。
かっこいいもん。

で、銀橋に一人残った瀬奈じゅんさんが薔薇を持って、お稽古場風景で流れてた場面ですね。
瀬奈じゅんさんがはけたらヴァンパイア(?)の霧矢大夢さん登場。
か、カツラはそれでOKなんですかね・・・(゚_゚i)タラー・・・

それが終わったら若手男役3人のさわやかな銀橋渡りながらの歌。

次が・・・映画の撮影シーン。
「椿姫」と、他は忘れました(苦笑)
最後は「愛と死のアラビア」かと思いました。

面白かったのは11場。
遼河はるひ→龍真咲→星条海斗→青木泉→越乃リュウ→明日海りお→桐生園加
こういう順番だったと思うんですけど。(間違ってたらごめんなさい)
これは女装っていうんですかね?
南国に咲き誇る花々達だそうですが、美を競い合いカーニバルが始まる・・・
ここです、組長が濃かったのは。
出てきて笑いが起きたのは組長と園加ちゃん。

で、稽古場風景で流れてた霧矢大夢さんの女役が出てくるわけです。
期待してたほど濃い感じではなく(どんな期待を?)
まぁ普通ちゃうかっていうデュエット(?)ダンス。
銀橋でキスして終わり。
銀橋から走り去るときに瀬奈じゅんさんが霧矢大夢さんに投げキッスを送ると、霧矢大夢さんもキス返ししたのですが、その時にはすでに瀬奈じゅんさんが背中を向けて走って行かれていて・・・
「あら可哀想・・」
と思っていたら、やはり霧矢大夢さん。
ただでは終わりませんな。
そのあと銀橋に残って霧矢大夢さんは歌っているわけです。
するとまた瀬奈じゅんさんが出てきて銀橋に来るんですよ。
その時に霧矢大夢さんから投げキッス(超濃厚なやつを)
瀬奈じゅんさん今度は気づきしっかりお返ししてましたよ。

で「Red Hot Sea」な16場。
龍真咲(男)と明日海りお(女、妊娠中)が幸せそうにしている。
そこへ半獣たちが襲いかかり龍真咲(男)が死ぬ。
「まさかこのあと棺桶が空を飛ぶのか?」と少し不安になったけど、そんなことは無くって安心。
ここで瀬奈じゅんさんは半獣の役。
(パンフレットを見て、半獣だったことを知った)
不思議な動きしてるからありゃ何だろうと思ってたんですよ。
しかしやっぱり明日海りおさんの女役は綺麗だわ。
また見れてかなり嬉しかったです。

まぁ、印象に残ったのはこれくらいでしょうかね。
ついさっきのことなのに、もうすでに記憶が・・・

エトワールは研ルイスさんでした。


挨拶はあんまり覚えてませんけど。
1回目は「本日は夢の浮橋/Apasionado!!の初日をご観劇くださりありがとうございます。」
(途中カミカミで、自分の頬をたたいてました)
えっと・・・あとはすっかり忘れちゃったんで、ニュースで確認してください。
(すんません)
2回目は「外は寒くなってきていますが、私たちは汗だくで千秋楽まで頑張りますのでよろしくお願いします」
みたいな感じだったかな。
霧矢大夢さんの顔見て大爆笑されてました。
きっと霧矢大夢さんも汗だくだったんでしょうね。
私は2階席だったのであまり見えませんでしたけど、越乃リュウさんが挨拶しているときに瀬奈じゅんさんはしきりにあごの下の汗をぬぐっていました。
ハードなショーなんでしょう。



最初なのであまり細かいところまで見きれていませんが、ものすごく楽しめました。
あと数回見れる予定ですので、いろんなところを観たいなと思います。

おう。
そういえば芝居でもショーでも客席降りがありましたよ、瀬奈じゅんさん。

2008.11.07 Fri l 宝塚(月組) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takarazukajunsena.blog26.fc2.com/tb.php/223-12bbe234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。