上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『A-“R”ex』-如何にして大王アレクサンダーは世界の覇者たる道を邁進するに至ったか-

昨日12時公演と16時公演を観ました。
いろんな評価がありましたが、私的には寝るほどではなかったです。
そして嫌いではないですね、このお芝居。
ただ・・・迷子になっちゃうって言うんでしょうかね。

その場面その場面で言っているセリフは理解できないものはひとつもありません。
難しい言葉もひとつもないんです。
でも迷子になっちゃうんですね。

「自由に解釈してください」と言われてもどこから手をつけていいのかすらわからない・・・
_| ̄|○オレアタマワルスギ

結局アレックスは人が敷いたレールの上を走っているように見せかけていたと言うけれど、それでもやはり走らされていたんだろうなぁと思ってしまいました。(意味不明)
欺いたつもりでいたけれど欺けてなかったとでもいうんでしょうか。

アレックスは周囲の人々から無償の愛を与えられることがないんですね。
全てにおいて何か思惑があってアレックスに近づいている。
神様にしろ、人間にしろ。
両親にさえも・・・(つらすぎる)
そしてアレックスも誰も愛せない。
だからこそいつかはみんな離れていってしまう。
(愛せない人は愛してもらえないって事なんでしょうか・・・)

でもアレックスはニケだけには出会ったときから何か違うものを感じている。(気がする)

アレックスは走り出したら止まらない。
止まったら死ぬとでも言っているかのように(まるでマグロ)
そして立ち止まった(病に倒れた)ときニケだけがそばにいてくれた。

あーーーーー!!
何が書きたいのかわからんくなってきたよ・・・

とにかく瀬奈じゅんさんは美しい。
どの衣装着ても似合うんだな、これが。
「どっから出てきた、その衣装」みたいなものですら、完璧に。
目の保養になりましたワン(´∀`*)

12時公演には友達と一緒に行ってました。
なかなか良いお席だったので舞台が近くて。
宝塚を初めて観たというか、芝居というものを初めて観た友達は感動してました。
でもその友達も内容は「よくわからない」と言っていましたね。
ただ彩乃かなみさんの歌を聴くと鳥肌が立つそうです。
もうDVD観たときから彩乃センパイの歌に惚れてたのでね。
そして瀬奈じゅんさんのビジュアルに驚いていました。
「もう男にしか見えない。脚が長くて顔がちっちゃい。かっこいい。」
大絶賛でしたね。

とりあえず今日も観てきます。
2007.12.23 Sun l 宝塚(月組) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takarazukajunsena.blog26.fc2.com/tb.php/38-4538da9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。