上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
8月24日と8月25日に観劇しました。

8/24昼の部


8/25昼の部

(ネタバレアリ)
(良い意見ばかりではない(瀬奈じゅんさんは手放しで大絶賛です)ので不愉快に感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、あくまで私の感想ですので、それでも良いという方だけ続きへどうぞ)






東宝版「エリザベート」を初めて観た私。
見終わって思ったこと。


わかりやすい!!∑d(゚д゚*)


どうしても宝塚版だと表現できないところまで、キチンと舞台で見せてくれているので非常にわかりやすいですね。
なんか東宝版観て改めて「なるほどね」っていう事がすごくあった。
私は頭悪いんであまり理解できていなくても、エリザベートのあの世界観が大好きだからそれでいいやみたいに思ってたんですよ。

美しいだけではないけれど。
正直「エグイ事すんなぁ・・・」と思うところもあるけど。
(ゾフィーが朝5時に来て布団をめくるところが特に・・・)
でも話は凄く理解しやすい。

どっちが好きでどっちが嫌いとかではなく、両方観たれらよりよいという感じ。


瀬奈じゅんさんのエリザベートはとにかく可愛くて美しい。
少女時代は溌剌として元気で明るく自由奔放な感じで可愛いことこの上なし。
結婚して嫁姑問題が勃発すると、凛として美しい。

「あなたが側にいれば」の場面で「一度私の目で見てくれたなら」とフランツだけでなくシシィも一緒に歌っていることによって、最初から二人の埋められない溝がよりクリアに見えて、「夜のボート」の場面が浮き立ってきているように思えました。
お互いがお互いに「私の目」でしか見ていないのだからうまくいくはずがないんですよね。

特に「初めての諍い」~「美貌の皇后」まで(だったと思う)のかつらがネ申。
私の好みドスとライクなんですけど、あのビジュアル。
超綺麗。超綺麗。超綺麗。

あとは「エリザベート泣かないで」のところでトートに左肩のガウン?をはだけさせられるんですが、その左肩から首筋にかけてが美しすぎです!!
女の私でも大興奮しましたもん(*´д`*)←変態
そこを観るためだけに下手に座りたいと思いましたです、はい。

あとはトートとの「ちぅ」も愛らしいこと、初々しいこと(*´∀`*)ポッ
(オペラでガン見←変態上等)
いや~いいもん見せてもらったぜ・・・

山口トートはデカイから(笑)瀬奈じゅんさんがスッポリ腕の中へ。
超萌えるんだけど(ノ∀\*)キャ

歌は声量が凄く出るようになったなぁと思ったのは私だけ???
もちろん歌もお上手になってますし。

なんか「女優さんになったんだなぁ」としみじみ感じて、感慨深かったです。


トートは石丸幹二さんと山口祐一郎さんを観ましたが、お二人とも歌が上手なのね~
お二人とも舞台を拝見するのは初めてだったんですよ、私。
全く違うトート像を見せて頂いたなって感じがしました。

石丸さんトートは結構想定内のトートだったんですよね、私にとって。
今まで観てきた宝塚のトートで私が持っていたイメージとそんなに変わらなかった。
あくまで私が持っていたトートのイメージは、常に一定の冷たく硬質な温度を保っており、エリザベートと接するときだけその温度が少しだけゆらめく(上がる?)。

山口さんトートは「そうきたか!」って感じで、私にとっては非常に新鮮に映った。
なんかエリザベートと接するときは温度が激しく燃え上がり、人間味溢れるトートに見えたんですよね。
う~ん・・・
的確な言葉が出てこないなぁ。
言葉にするのは難しい。
結婚式の場面でトートが「全て汝の意思で間違いはないか」と抑えたトーンでいう。
このセリフでグッと来たのは初めてでした。


ルキーニの嶋政宏さん。
う~ん・・・
ルキーニってこんな人だったの?
なんかしっくり来なかったなぁ。
まぁあくまでも私はって事ですよ。
皆さんが観られたら上手いと思うかもしれません。
私はちょっと苦手だったかも・・・


フランツの石川禅さん。
歌が声量が足りなくて聞き取りづらいところもあったけど、普通にフランツって感じだった。
可もなく不可もなくって感じで。


ゾフィーは寿ひずるさんと杜けあきさん。
実は私、杜けあきさん好きなんですよね。
友人から現役時代のビデオ借りてみてたときに、大好きで。
杜けあきさんは高音の歌が厳しそうな感じでしたね。
低音も出きってないと言われればそうですが、より高音の方が厳しそうだった。
そしてやはりゾフィーの威厳が・・・
全てにおいて寿ひずるさんに軍配が上がったという感じ。


ルドルフの田代万里生さん。
「マルグリット」を観たときにも思ったけど、もう少し声量が欲しいところ。
歌は上手いのかもしれないけど、セリフも全ていっぱいいっぱいのところで必死に頑張ってる感じがして、観ていて苦しい。
もう少し場数を踏めば力が抜けてくるんだろうか?



なんか長くなっちゃったし、良い意見ばかりじゃないですが、あくまで私の感想なんで、これから観られる皆さんは先入観無しに観てくださいね。
さてと10月チケット追加するかどうか明日までに結論を出さなくては・・・
「アンナ・カレーニナ」は行く日程はもう決めたんですけどね。


2010.08.26 Thu l 宝塚(月組) l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
エリザベート…早く観たいですっ
前に涼風さん?か誰かで見たことがあるのですが、確かにエグイですよね…(笑)
マダムヴォルフも妖艶っていうより、ザ!娼婦!みたいな感じで…その辺は宝塚に助けを求めたくなりましたwww
でも東宝だとゾフィーの最期がああいう感じですので、あそこは宝塚より断然好きな場面です。
高嶋ルキーニは…もうあれで一人のキャラクターと割り切って観るしかないようです…
2010.08.27 Fri l 戒. URL l 編集
戒.さんへ
観劇日は31日でしたよね?
もう少しですよ、もう少し。
でもいろんな人の感想とか読んでると、早く行きたくてうずうずしちゃいますよね。
お気持ちわかります。
私もこの間までそうでしたから(笑)

やはり東宝版と宝塚版でそれぞれに魅力がありますよね。
マダムヴォルフとマデレーネのカツラはそれでOKなのか?と心の中で突っ込みましたよ。

ルキーニはこれから数回観るたびに彼なので、そこはもう割り切って受け入れることにします。

コメントありがとうございました。

いつも外部の舞台を観るたびに思うことですが、やはり宝塚は夢の世界なんだなと思います。
2010.08.27 Fri l babiちゃん. URL l 編集
No title
こんばんは。ブログ、いつも楽しく覗かせていただいています☆
無事のエリザ観劇、おめでとうございます♪
麻子さんのエリザベート、日に日に見どころが増えて、充実していっているようですね~!
この調子ですと、10月にはどんなシシィになっているのか楽しみでなりませんね!

私もトート、ようやく三人拝見しました。
好みは石丸さんトートでした~。トートとしての存在感は山口さん、石丸さんどちらも、流石に素晴らしいと思います。三者三様についている演出の違いも、そうきたか小池センセー!でした。この人を、こう動かすかー!と楽しさ満載。満足です♪
毎日観たいです~(泣)ぜーーったいに無理ですがー。

それと、私は石川禅さんのフランツは素晴らしいと感じましたよ~♪表現力、芝居、ともに安定していて、歌も最高です♪デュエットの相手により、声量を変えてくれるし、登場シーンでの心情を考えると、あのメリハリを聴かせた歌い方、すべてパーフェクトと思いました~。
マリオ君も、マルグリットの頃と比べると随分成長されていたように感じます~。私が観た回は、声量もオッケーだったような気が・・・。表現力、芝居はもう少し頑張ってね、とも思いましたけれど。
私が観た回は・・・ですね(汗)

先日のトークショーでコムさんが言っていましたが、ルドルフの動き、コムさんが闇練習つけてあげたらしいですよ(笑)マリオ君曰く、「皆さん、僕にもう一度チャンスを~!また観にきてください!最後まで頑張りますから~!」と、懇願していました(笑)
あら、かわいいじゃないの、じゃあ、しょうがないから観に行っちゃおうかな??と思ってしまうほど。アホですみません。。。

でも、色々な感じ方があって当然と思いますし、色々な意見を聞くのも楽しいですね。そういう所が、やはり舞台って面白いな~と、つくづく思います。

何より、とにかく麻子さんの役づくりの素晴らしさに感動しました。皇后になる前のかわいいかわいいシシィから結婚し、老いて行くまで、細かい芝居でいろんなことを表現し、私たちに感じ取らせてくれますね。
ファンでよかった(嬉し泣き)と思いました。

10月、できることなら追加して、麻子さんの進化っぷりを観たいですね!!

では、またブログ拝見を楽しみにしています~☆
2010.08.28 Sat l hiyo. URL l 編集
hiyo.さんへ
本当にどんどん進化を遂げていく瀬奈じゅんさんは素晴らしいですね。
また次回観劇するのが楽しみです。

もうトート3人観られたんですね。
うらやましい~
私は城田トートがまだ未見なんですよね。
確かに石丸トートも山口トートも素晴らしかったですね。
でも私も違和感を感じなかったという点で石丸トートの方が好みです。

お金と時間があれば本当に毎日でも観たいですね(笑)

やはり役者さんもその日その日でコンディションが違うでしょうし、一度観ただけでは良かったとかそうでもなかったとか言うのはちょっと可哀想な気もしますね。
あとは個人の好みの問題があるかもしれませんけども。
また次回観劇したときには感想ががらっと変わってるかもしれませんし。

田代万里生さんのダンスは朝海ひかるさんが先生だったんですね。
あまり踊った経験無いだろうに、意外にダンスも頑張ってるなぁと思っていたらそういうことだったのか。
納得です。
私はもう彼のルドルフは観れないですが・・・残念

確かに人それぞれの感じ方があって面白いですよね。
それが舞台の良さであるとも思いますし。
テレビや映画と違って舞台上で繰り広げられている演技や歌やダンスを、どこを中心に観るかはその人の自由ですから、それによって全く意見も変わってきて当たり前ですよね。

もう瀬奈じゅんさんは本当に、ファンなんで大絶賛ですよ。
可愛くて綺麗で素敵すぎです。
いろんな表情を観れるし、声も細かく変えてますしね。
2005年月組エリザで瀬奈オチした私にはたまらん公演ですよ。
本当はもっと観たいんですけど、何せ何度も東京遠征できるような身分じゃないので・・・
悲しいですが観れるときに集中して心に刻むように観たいなぁと思います。

とか言いながら10月は追加しちゃいました(笑)

コメントありがとうございました。
こんなブログでよろしければいつでも遊びに来てくださいね。
2010.08.31 Tue l babiちゃん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takarazukajunsena.blog26.fc2.com/tb.php/456-e534f791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。