上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
A-“R”ex(DVD)3月20日発売なんて遅すぎだよ!!!ヽ(#`Д´)ノ
とぼやいても仕方ない・・・
まぁ同じく3月20日に 『A-“R”ex』 『二都物語』 『マノン』をセットにした瀬奈じゅん SPECIAL DVD-COLLECTION 「SENA」なんてのも出るようで。

まぁ私は 『A-“R”ex』しかいらんけど。
他の2作品はビデオあるしね。

今頃アサカナキリは遠い異国の地にいるのね・・・(遠い目)

本日ニュースで千秋楽映像観て、すでに「A-“R”ex」に飢えてることを実感致しました。

さてディオニソスに関しては私全く触れてきませんでした。
「ディオニソスはアレックスの影」というセリフがありましたが、全くその通りではないかと思っています。

例えていうなら「十二国記 月の影影の海(上)」に出てきた陽子(景王 赤子)を追いつめていく猿のような感じ。
(マイナーすぎて誰もわからねぇ・・・)

心で思っていることを言葉にされるんです。
わかっていても気付かないふりをしていた心の奥底の思い・不安でさえも。
代弁なんて生易しい物じゃない。
自分はそんな人間じゃないと思いたくてもそれを許してくれない。
容赦なく浴びせられる言葉。
言われた本人は「違う」と言いながらどんどん追いつめられていく。
誰の意見も聞かなくなってくる。
救いの手が救いに見えなくなる(疑心暗鬼・人間不信)
そして孤立。
狂ってしまう。
初見からそんなイメージを持ってました。
(わかりづれぇ・・・)(だって「猿だ!!」と思っちゃったんだもん・・・)

「怨念、妄執、癒される事の無い飢えと渇き、罪の記憶、負の意識」

これは結局アレックスの心の奥底にあったものではなかったか。
アレックスだけではない。
全ての人が持っている感情。
持っていながら認めたくない感情。
その感情を直視し認めてしまうと、平静ではいられないから。

「淋しくて狂いそうにはならないか。」
「狂ってしまえばいい。私と一緒に。」

熱病に冒され倒れてしまった、ディオニソスに取り潰されてしまった。
周りには誰もいなくなった。
しかしそれはいろんなしがらみからの開放を意味するのではないか。
そしてしがらみが無くなったときアレクサンダーはただの人になる。
「偉大な大王アレクサンダー」から「アレクサンダー」に。

王位を継いだ時になくしてしまった自由という名の翼を今再び手に入れる。
コレこそ勝利。


○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎

あれ??
時間が経った今、やっと感じたことを書いてみましたが、自分でも何を書いているのかよくわからなくなってきました・・・
あまりにも表現力ナッシング&ボキャ貧で申し訳ないっす・・・_| ̄|○ il||liヤッパリアホヤ、オレ
結局アレックスについて書いてるし。



昨日友会抽選申し込みの電話したんですが、ガイダンスあれ改善されたんですかね???
あれを改善と呼ぶんでしょうか????
激しく後退したようにしか思えないのは私だけなんでしょうか?
何であんなに日本人っぽくない喋りなのか・・・
何であんなに説明が長いのか・・・
時間かかりすぎだよ!!って話ですよ、本当に。



2008.01.16 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takarazukajunsena.blog26.fc2.com/tb.php/52-311c3d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。