上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日受け取ったDVDを観ました。


MAHOROBA/マジシャンの憂鬱(DVD)

<出演者>
瀬奈じゅん・彩乃かなみ・霧矢大夢・大空祐飛・出雲綾・嘉月絵理・遼河はるひ・桐生園加・青樹泉・城咲あい・龍真咲・矢代鴻・萬あきら・未沙のえる

「MAHOROBA」
時代を超えて伝承されてきた伝統芸能、民族舞踊にスポットを当て、洋楽のリズム感や華やかさを織り込みながら、古典の面白味、エッセンスを込めたショー作品。
過去と未来、生と死、北と南といった両極を行き来しつつ、春の芽生え、夏の猛々しさ、実りの秋、冬の厳しさから再生の春へと移り変わる、アジアのみならず世界に誇る、日本の四季の変わらぬ豊かさ、美しさを表現する。
気鋭の三味線奏者・上妻宏光氏がクライマックスシーンの音楽を担当。

「マジシャンの憂鬱」
20世紀半ば、ヨーロッパのとある国。
上流階級の間で人気のあるダンディなマジシャンが、その“透視術”を見込まれ、皇太子妃の事故死の真相解明を依頼された。
そんな彼と共に事件解決に当たった皇太子妃の彼女は、ひたすら生真面目な女性。
個性の違う男女が如何に出会い、如何に反目し…やがては心を通わせていく様を軽妙なタッチで描いた、宝塚歌劇らしい華やかで夢のあるミュージカル作品。


今日の朝5時から起きて観ました(アホやん・・・)
だってどうしても観たかってんもん(´∀`)

何でこんなに面白いんやろう、これ。
最高やん(何を今さら)
時間がなくって「マジシャンの憂鬱」の方しか見られなかったんですが
(そこまでしてみたかったんか、私)

いやぁ~。
とにかく瀬奈じゅんさんの力の抜けっぷりがいい!(もちろん力一杯演技されてますよ)
そして霧矢大夢さんのあの力みっぷりがいい!(まさに殿下はパッショネート♪)
このバランスが最高なんですよね。
随所に笑いPOINTがあって、大笑いではないんですけどクスッと笑ってしまう。
だから何回観ても飽きないんだろうなぁ、多分。
私が一番好きなのは殿下の「元気100倍です!」って言うところです。
可愛いんだよなぁ、ここ。

たま~に「もうちょっとそこのカメラワークどうにかならんかったんか」と思いましたが。
まぁそんなことはTCAではしょっちゅうある話なので(ねぇ・・・)

彩乃かなみさん美しいですね。
「トム・ジョーンズの華麗なる冒険」「ロミオとジュリエット'99」「マノン」の時からは随分(ノД`)・゚・。
もうねぇ、見とれてまうで、この人。
そんで仕草が可愛いねん。
ホンマに罪な人やで・・・(´∀`*)

大空祐飛さんの出番が少ないのがちょっと・・・ですが。
でもやっぱりDVDで観ると「こんな所にあんな人が」みたいに気付くことが多くって、またまた楽しめちゃうんですよね。
また今日家に帰ってみようっと。

そういえば今朝のタカラヅカニュースで月組東京千秋楽の模様が放送されていましたね。
嘉月絵理さんの挨拶が月組をどれだけ愛しているか解るような気がする挨拶でしたね。
そりゃ瀬奈じゅんさんも泣くっちゅうねん。
2007.11.13 Tue l 宝塚(月組) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takarazukajunsena.blog26.fc2.com/tb.php/9-5e26e2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。